アスベスト・センターには、石綿に関する様々な資料があります。報道関連資料、統計資料、研究関連資料、法律や通達の資料、等です。

 多くの方が御覧になり、ご利用頂ける様に、現在資料を整備中です。すべての公開までは時間がかかりますが、準備ができたものから順次公開して参ります。今後の資料のページにご期待下さい。

法律・通達・行政文書

 石綿に関する各省庁の法律、各省庁の石綿関連の通達、石綿に関する国会での審議、等に関する情報を提供するページです。法律では、石綿に関する労働衛生関連の法律は既に様々な書籍がありますので、建築に関する市街地建築物法から建築基準法での石綿関連に関しての情報を提供します。

 各省庁の通達・文章の作成日は必ずしも絶対的なものではありません。文字入力のミスがある場合がございますので御容赦ください。ご指摘頂ければ訂正して参ります。

統計資料

 石綿に関する各種統計資料の提供をする予定のページです。準備ができ次第掲載して参ります。

 厚生労働省より報告されました。中皮腫83件(前年度55件)、石綿肺ガン38件(同前22件)で、合計121件(77件)で初めて100件を超えました。ちなみにじん肺合併肺ガンは146件(113件)です。

報道関連資料

 日本の石綿に関する報道は、1950年代から行われています。今回HPでお示しするのは私たちが確認した、1950年代から1970年代の記事(毎日新聞は1988年3月まで)です。報道記事すべてを網羅した訳ではございませんので、その点はご了承ください。

研究関連資料

 研究者や当センター関係者が読んだ石綿関連の資料の要約を提供していくページです。石綿協会の機関誌「石綿」、ニチアス百年史、等の要約を順次掲載していきます。

書籍「建物の煙突用石綿断熱材
劣化・飛散の実態と今後の管理について」

建物に付随する煙突の内側には石綿含有断熱材が使用されていることがあり、飛散の危険があります。煙突用石綿断熱材の管理・除去方法、法的整備の要点を提言する書籍です。

書籍「アスベスト禍はなぜ広がったのか
〜日本の石綿産業の歴史と国の関与」関連資料

1890年代から1970年代の日本の石綿産業と国の動向について、体系的に記載した日本で初めての書籍です。書籍の頁数の関係等で掲載できなかった図、文章をこちらで公開する予定です。